オンでもオフでもバイクする!

CBR(SC59)とCRF(MD38)乗りのオンオフブログ

CBR(SC59)2009年式にホムセン箱をつけるんです 2

はいどうも。ヨウです。あっついですな・・・・。

予告通りホムセン箱製作編をお届けします。結構さらっと書きますよ。

ベースプレート編はこちら

 

 

on80off10work10.hateblo.jp

 

 

では続きを。

必要な道具を揃えよう

絶対に必要なものは↓の通り

ホムセン箱(好きなデザイン)

アイボルト(あとで解説入れます)

ワッシャー

スプリングワッシャー

ナット

締め上げるベルト

電動ドリルとドリルの刃

クレ5-56などの潤滑油

ポンチ(あな開けるところに印付けるアレ)

 

モンキーレンチorメガネレンチorラチェット+ソケット

ロックタイト(ネジ弛み防止剤)

バスコーク(お風呂の目地を埋めるアレ)

 

最低限のホムセン箱を作るだけなら、ここまででOKですが、僕のオススメとしては、

 

ネットをかけるフックベース

小さいダイアル

蓋の上に貼る滑り止め

があるといいです。

 

では作っていきましょう。

箱本体の加工

f:id:Yo-SK:20170711112206j:plain

工具はこんな感じ。

f:id:Yo-SK:20170711113023j:plain

アイボルトとフックベース

 

で、アイボルトですが、普通は目(丸のところね)に対して垂直に引っ張ったときの耐荷重が書いてあります。

目に対して水平に使うのは規格外の作り方なので、自己責任ですよ。

アイボルトが嫌な場合は、右のフックベースとして使うものの大きいものを付けることも出来ます。これ高いのでそれなりの出費は覚悟してくださいな。

 

材料も揃ったのでホムセン箱の加工です。

f:id:Yo-SK:20170711113309j:plain

f:id:Yo-SK:20170711113323j:plain

開けたいところに印を付けて~

f:id:Yo-SK:20170711113412j:plain

ポンチをガン!と(ZOZOTOWNは関係ありません)

f:id:Yo-SK:20170711113519j:plain

ドリリング!!で、バリを取りましょう。

※ドリル使う時は刃先に潤滑油を付けましょう。そうしないと刃がすぐ傷むよ!

 

f:id:Yo-SK:20170711113550j:plain

したら穴の周辺をバスコークで埋めます。防水のためね!

f:id:Yo-SK:20170711113634j:plain

こんな感じ。

f:id:Yo-SK:20170711113701j:plain

アイボルトにワッシャーを入れて、穴に通します。バスコークがはみ出てくるので、乾く前に拭き取ってくださいな。

裏面からワッシャー、スプリングワッシャー、ナットの順で通して、締め上げます。内側にもバスコークが出てくるので拭き取るのを忘れずに(忘れた人は手が黒くなるよw)

 

アイボルトの向きは、

f:id:Yo-SK:20170711113828j:plain

縦が良いです。バンドでしばきあげるのに横だと滑って止まりませんぜ。

 

蓋の加工

一個目のホムセン箱には蓋にフックベースを付けませんでした。このせいで上に積んだ荷物を降ろさないと蓋が開けられなかったのです。

雨降ってるとこれが面倒でならなかったので、今年は付けます、フックベース!

f:id:Yo-SK:20170711114114j:plain

蓋の裏面にはリブ(板みたいな壁のこと)が沢山立っているので、ボルト・ナットで止めた時に当たらないように予測しておきましょう。

f:id:Yo-SK:20170711114235j:plain

任意の位置にドリリング!!

 

f:id:Yo-SK:20170711114310j:plain

!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

リブに当たらないように予想しましょうね(無事死亡)

ちょっとカットして止めました。。。

 

f:id:Yo-SK:20170711114414j:plain

自分の背中に当たる面は、このように蓋の上じゃなく、手前側に付けます。

後ろ側は箱のロックが来るので個々には止められないのさ。

蓋の上の加工

蓋の上には滑り止めシートを貼ると、荷物が動かないので良いですよ。100円ショップで買うと安いです。

f:id:Yo-SK:20170711114438j:plain

先程のフックベースの他に2つの小さいアイボルトも付けています。ネットやストレッチマットは6点で止めればしっかり荷物をホールドしてくれます。

蓋開けたらばーん!!を防ぎましょう

その名の通り、荷物を取り付けた蓋をあけると、蓋のフックが外れてバーン!!となります。

悲しくなる前に予防しましょう。

材料は

紐(ネックストラップなどに使われいるものが簡単に手に入ります)

ボルト・ナット

で、いきなり完成写真

f:id:Yo-SK:20170711114850j:plain

こんな感じで紐を引っ張って取り付けます。蓋が開ききる手前で止まるようにしましょう。いっぱいいっぱいまで開くようにすると、紐がもちません。

紐を固定する位置はインスピレーションです。なんとなくこの辺ならばーん!ならなそうだなってところでいんじゃね?

これで機能面では完成です。

ホムセン箱にはステッカーでしょ!

ステッカー貼るまでがホムセン箱カスタムです。

ステッカー、それは自分を表すアイデンティティ・・・

ステッカー貼り、それは自分のセンスの無さを露呈させるアイテム。

 

以下が僕のホムセン箱です。

f:id:Yo-SK:20170711115004j:plain

 

センスねぇ・・・・。

開いているところは現地調達して貼ります。

気に入っているのは「SSだってまったり走りたい」ステッカー。カブ乗りの方に作ってもらいました。

蓋のロックにはイエローの反射テープを貼っています。安全第一だよ!

 

こんな感じでホムセン箱、完成です。

 

取り付けると

f:id:Yo-SK:20170711115616j:plain

こんな感じです。

バンドはリアステップの穴と、フェンダーステーに取り付けています。

この写真は完成前の試走のときです。

完成品を積んだ写真は、、、現地からアップできるかな(ΦωΦ)v

 

で、いくらで作ったのよ?

みんなが気になる制作費ですが、

ベースプレート:廃材

ホムセン箱:1,480円

フックやアイボルト等の取付金具たち:3,000円弱

しばきあげバンド:398円

というわけで、約5,000円です。

箱より金具のほうが高いのよw

一番高かった金具は、デイトナ製のカラー15mm(400円)です。

 

それでも5,000円です。浮いたお金は50,000円

 

・・・じゃないんですわ。

実は2個作ってるんです。もう一台のために(ΦωΦ)

なので実質70,000くらい浮いています(ΦωΦ)

フェリー代になるね(ΦωΦ)v

 

さぁ、楽しくてダサかっこいいホムセン箱作り、みんなもレッツトライ!!

 

(本当に物作りはたのしいです!)

CBR(SC59)2009年式にホムセン箱をつけるんです 1

どうも。ヨウです。

需要があるかわかりませんが、備忘録も含めて箱の付け方をば。

 

 

SSに順当な手順でボックスを付けるとお金がかかります。

SS(うちのSC59はツアラーです)に大きなボックスを付けるには、専用のベースを買って付けることが多いと思います。

特にSS(うちのSC59はツアラーです)は選択肢が無いことがおおいです。なので2,3万することもしばしば。

例えば、

www.webike.net

販売価格:¥23,328(税込) 送料無料

うん。タンデムシートと交換してベースになるものですな。

スッキリしててカッコイイですね(23,000円)

金属なので丈夫そうですね(23,000円)

 

・・・金属の板に23,000円

 

ちなみにヘプコ&ベッカーのボックスでも安いと思われるものを上に載せると

www.webike.net

 

販売価格:¥29,592(税込) 送料無料

 

 

もうちょっと安いものだと

www.webike.net

販売価格:¥21,384(税込) 送料無料

送料無料は嬉しいね!

でも、耐荷重2.5kgって・・・箱積んで服入れたら終わりやん?

リアシートの後ろに付けられるのでタンデムライダーにはオススメだね!

 

SSのタンデムシートにロングツーリングで座ってくる人がいるかは別としてだな(拷問)

 

いずれにせよ、このお金、ヒジョーに勿体無い。

じゃ、どうする?

 

ベースとボックスで55,000円飛んでいきます。。。そのボックス、年に何回使う?

お金は毎日使うものに使うほうがイイって誰かが言ってた。

 

北海道ツーリングの8日間のために55,000円・・・・1日6,875円

 

昔偉い人が言っていた

「パーツを買って付けるのはカスタムではない。”無いものを作るのがカスタムだ”」

 

ということで、レッツ自作!!前置きなげーよ

 

なぜホムセン箱?

SS(うちのry)にホムセン箱なんてダッセェ!

SSの流線型に真四角なんてダッセェ!!

えぇ、色々言われました。でも全く気にしていません。

 

なぜなら、カスタムなんてぇもんは自己満足だからさ。

自分が良いと思っていればいいわけさ。

それに、自分で作るのが好きだし、浮いたお金で美味しいもの食べたり、なんなら往復のフェリー代になるからさ!

とかなんとか書いてますが、一番の理由は

 

バイクにホムセン箱が載ってると「旅してる感」がでるじゃん?それを出したいからさ!!

というわけで、ベースプレートを作ろう

ベースプレート、ただ板をリアシートの上に載せると積み方によってはバランスが悪くて崩れる可能性もあります。加減速時にシートからずれても怖いしね。

なので、プレートはリアシートと入れ替えられるようにしたい。

というわけで、当初はヤフオクでリアシートをもう一個買って、シートベースだけ使おうと思いましたが・・・。

f:id:Yo-SK:20170708184341j:plain

 

これ、、、板を切り出せばボルト止め出来るんじゃないか?

ボルトの間隔を測って上からクリアファイルをあててマジックで印を付けて・・・印をベースプレートにトレースして、上からドリリングすれば

 

いけるやーん(ΦωΦ)v

 

と思い、さっそく製作です。

 

 

f:id:Yo-SK:20170708184807j:plain

 そのままだとテールカウルと干渉するのと、それぞれの高さが違うので合わせるためにまずボス(中空パイプ)を立てます。

f:id:Yo-SK:20170708185159j:plain

左から長さ11mm、16mm、20mmです。手前だけM5、中と後ろはM6ボルトです。

この時はボスをワッシャーとカラーで作っていましたが、今はボスを既製品に変えています。

f:id:Yo-SK:20170711105821j:plain

バイク用品店で売っているカラーです。太めで接点が多いので、重量の分散のため交換しました。

 

ベースプレートの作りかた 

ベースプレートの材料は樹脂のまな板やらアルミ板やら色々とありますが、安くダサく作るのがモットーなので、僕は廃材を調達

f:id:Yo-SK:20170711110134j:plain

まずホムセン箱の大きさに合わせてカットして

f:id:Yo-SK:20170711110207j:plain

ホイホイっといきます(久々のノコギリで筋肉痛になりましたw)

f:id:Yo-SK:20170711110238j:plain

で、穴を開けるんですが、実はホムセン箱は2個目なので、初代ベースプレートがあります。これの穴をトレースします。

f:id:Yo-SK:20170711110322j:plain

バミってー

f:id:Yo-SK:20170711110337j:plain

ドリリング!!!

f:id:Yo-SK:20170711110353j:plain

リアカウルに合わせてボルトを借り止めしてみると、オッケーです。今回も奇跡的なクリアランス。

一番後のボルトは醜いですが、斜めになっています。ここだけ長穴で開けてください。

そうしないとボルト通りません。これは現物合わせで!

f:id:Yo-SK:20170711110623j:plain

で、載せてみると、今回もいい感じです。

f:id:Yo-SK:20170711110436j:plain

一度外してホムセン箱が動かないように、手前と横にL字金具を取り付けます。これで加速減速どちらにも耐えられます。

一番後の穴が長穴になってるのがわかりまっしゃろ?

 

f:id:Yo-SK:20170711110513j:plain

裏面には凹まないように広いワッシャーを接着剤で貼り付け(必ずボルトを通して貼り付けてね。付いた後にボルト通らないってのは事件だよ!)

長穴はそのままで!

 

なぜ2009年式と書いたか

SC59には前期型と後期型があります。

2008年に登場し、2012年にマイナーチェンジしています。

 

が、実は2010年にマイナーチェンジがあったんです。

それは、

リアフェンダーが簡単に取れる仕様になったんです。

サーキット走る方には便利な仕様ですね。

リアフェンダーのマイチェンに関しては、同じはてなブログの先輩であり、同じSC59の前期型乗りのよっしーさん(id:michimani)のブログに詳細がありますので、是非ご一読ください。

www.michinoeki-mania.com

それでですね、このリアフェンダーが重要なんですよ。

正確にはフェンダーステーというべきか。とにかく、ホムセン箱につけたアイボルトにベルトを通し、このステーを使って止めるんです。なので、

 

今回のカスタムはフェンダーレス車には向いていません。

フェンダーレス車はテールカウルの裏面にボルトがあるので、ここに上手いこと止める方法を考えてください。

ベースプレートに留め具をつけちゃうのも有りだと思います。そのほうがスッキリ付きますね(僕はダサく作るのであえてやりません)

 

長くなったので、ホムセン箱製作編は次に続きます。

 

続きもチェケラー

 

 

走ったらメンテ。一番効くのは洗うこと。

どうも。ヨウです。

手入れのやり方ってわけじゃないですけど、簡単に出来るメンテのお話。

オンでもオフでも基本的に走ったらその日にメンテします。

よほど夜遅く帰ってきた時は翌日ですが、カバーをかけて保管するため、キレイにしないと嫌なのです。

で、この間はオフだったので、とっても汚れました。

 バイクとブーツ、メット、ゴーグルがなかなかダスティになっておりましたので、これらをキレイに。

 

MXウェアを洗う

まずウェア、これは簡単。あまに酷い泥とかでなければ、軽くはたいてホコリや土を落として風呂場で軽くお湯で流した後に洗濯機を使います。

洗濯機大丈夫?と思いますが、エマール等のおしゃれ着洗い洗剤と漂白剤、柔軟剤で仕上げれば全く問題ないです。

その際、MXパンツのプラスチックベルト部分が割れないように、バックルを閉めて内側に折りたたみ、ネットに入れて選択しましょう。MXジャージも同じくネットに入れて洗いましょう。

ネットは目の細かいもののほうが他の洗濯物に絡みにくいのでオススメですよん。

 

ゴーグルも洗う

f:id:Yo-SK:20170612103043j:plain

レンズを外して軽く水洗いして陰干しです。

樹脂は紫外線にやられますんで、あんまり長時間の日光浴はオススメしません。

レンズを外すときには必ず表面のホコリを落としてから!むやみに触ると傷が入ります!

 

カッパも表面を流してジッパーを閉めず、洗濯バサミで飛ばないよう挟んで干します。

RSタイチのカッパは洗っても全然問題なし!一度も撥水スプレー吹いていませんが、もう10年位使ってます。

余談ですが、撥水しなくなったカッパや傘はドライヤーの風を当てることで表面を再度起毛させて撥水効果を取り戻すことも出来ます。チェケラー。

ブーツ

で、次はブーツ

f:id:Yo-SK:20170612103559j:plain

表面のホコリや泥を払ってから、水拭きして乾燥させます。

ひどい場合は、水洗いして革クリームですよー。

革が柔らかくなりやすいクリームは使わないでくださいな。

逆に、新品で硬すぎてどうにもならない場合は、

コロニルのシュプリームクリームデラックス(カラーレス)でちょいと磨きます。

www.amazon.co.jp

 かるーく磨くと柔らかくなります。やり過ぎ注意!!

アフィリエイトはやってませんw

 

ゴーグルのレンズ

次はゴーグルのレンズ。これはもう大事です。視界が悪いとどうにもならないオフロード。視界の確保と汚れにくくする方法を公開です。

f:id:Yo-SK:20170612103909j:plain

はい、外したミラーレンズです。軽く水洗いしております。

これだけでもホコリは落ちますが、撥水性がないので汚れが付着しやすいです。

個々で登場するのは、「メガネのシャンプー」です。

www.amazon.co.jp

とっても使いやすいし、安いのでおすすめです。

 ※アフィリエイトやってません

 

で、使い方

f:id:Yo-SK:20170612104031j:plain

レンズの表面、裏面にシュッシュ。これだけ大きい場合は片面6プッシュくらいかな。

 

f:id:Yo-SK:20170612104053j:plain

かる~く指で泡を広げます。

 

f:id:Yo-SK:20170612104134j:plain

後は流すだけ~。だからシャンプ~

 

f:id:Yo-SK:20170612104206j:plain

水分は柔らかい布かティッシュで拭ってください。こすっちゃダメよ。

 

コーティング

洗ったら汚れがつきにくくします

f:id:Yo-SK:20170612115029j:plain

使うのは、コーディングクリーナー 美煌(びこう)

Amazon CAPTCHA

※アフィリエイt(ry

 

これもメガネメンテナンスグッズです。

レンズにポンポンして、最後にメガネクロスで仕上げます。

この面積だと片面8ポンポンくらいです。

 

f:id:Yo-SK:20170612115550j:plain

ピカピカです。

 

これでグッズのメンテナンスはおしまい。

プロテクターを外に装着している場合は、ホコリや虫くんを拭って乾燥させます。

 

以上!!

 

バイクの洗車について

f:id:Yo-SK:20170612115740j:plain

オフを走れば基本ホコリと泥だらけになります。

僕が思う大事な洗車ポイントは

・エンジン周り

・タイヤ、チェーン周り

・リンク、サス周り

・ライト周り

 

なんで大事?

まず、僕にとって洗車はキレイにするってのは二の次で、

「自分のバイクに変なことろ無いかな?錆びたりしてないかな?」

というチェックのためにやっています。

だから基本走ったら必ず実施します。

 

中でもオフ車は

・エンジン周り→ダメージ受けてたら林道行って走行不能&周りに迷惑かけるじゃん?

 

・タイヤ、チェーン周り→なんか刺さってたらスローパンクチャーしたり、チェーンに石とか挟まってたら怖いじゃん?

 

・リンク、サス周り→なんか挟まってたりダメージ受けてたら次走るの怖いじゃん?

 

・ライト周り→傷やヒビ入ってたら次割れるかもしれないし、乱反射して対向車に迷惑かけたくないじゃん?

 

という気持ちで洗車してます。オンロードバイクも同じですけどね。

 

違和感を感じたときってのは、何かあるもんです。

 

f:id:Yo-SK:20170612131050j:plain

必ず空気圧もチェック。CRFは基本通り1.5にしてあります。空気入れるときにはフィルターで水分を除去しております。気休めかな?

 

以上。簡単なメンテナンスでした。

ほぼ初めての林道ツー なのに80kmくらい走りました。

どうも。ヨウです。

先週の土曜日、待ちに待った長野林道ツーリングに行ってきました。

それまでは道志の林道にちょっと行ったくらいで「林道走ったことあるマン」の気でいましたが、今回のそれは距離がすごかったです。

では、コースを

 どこ走ったの?

最初の集合場所は割愛して、、、こんな予定でした。(←あくまでも予定な件)

 

双葉SA 7:15 休憩(10分)
諏訪南 8:00→8:40 朝食・GS
金沢林道 9:20 休憩(10分)
入笠牧場 10:00
黒河内林道 10:20 休憩(10分)
土台バス停 11:00 休憩(15分)
長谷高遠林道出口 11:45 休憩(5分)
伊那 12:15→13:30 昼食・休憩
駒ヶ根 14:00 GS
JA 14:20 休憩(10分)
陣馬形山林道 15:00 休憩(10分)
JA 15:40
土台バス停 16:20 休憩(10分)
黒河内林道
入笠牧場 17:00 休憩(15分)
富士見 18:15
道の駅蔦木宿 18:45 休憩(15分)
韮崎 19:45 GS
韮崎IC 20:00

 

ちなみに家を出たのはAM 4:00です。全然寝れずに2.5時間睡眠、しかも途中1時間毎に起きるという・・・

 

集合に遅れないようにがんばったら

f:id:Yo-SK:20170607153753j:plain

1番手だったYO!

ここまで走るのに、

・下はnew balanceのスポーツタイツにモトパン、ニーシンガード

・上は長袖にエルボーガード、MXジャージにトロイリーデザインのプロテクター

 

 

結論  クソサミ

 

速攻カッパ着ました。。。

 

そうこうしてると、あっという間にオジサマたちが集合です。

6DAYSさん、セローさん、WRさん、フサベルパイセン(この人が僕をオフ沼に落としました)

ここからヌルッっと高速に乗って(乗るまでの道も初めて通る道で楽しかった)

初狩PAにて一回目の休憩。セローさんがWRさんにかぶってしまった・・・。

f:id:Yo-SK:20170607154139j:plain

無理のない、タイヤに負荷のないペースでヌルヌル行進していきます。

 

双葉SAにゃう

で、双葉SAにて

ぼっちバイカー (id:botti_bk)さんと合流。お初です!!

って大きい!

噂には聞いていましたが、ぼっちさん、大きい。。。僕も普通に生活してるとデカい方ですが、比じゃない。かっこいい。スリム。ズルイ。

 

実は2日ほど前にぼっちさんから「参加していいですか?」と連絡がありました。

 

ええ、正直に言います。

ほぼ有名人に話しかけられた感で浮かれておりましたww

浮かれて双葉で写真取るの忘れましたw

え?てかぼっちさん、、、、ここまで上着なしですか・・・(クソサミでっしゃろ)

 

全員集合したので、朝ごはんを食べるために諏訪南を目指します。

f:id:Yo-SK:20170607154806j:plain

この時点でまだAM 8:00

 

バイク紹介

で、皆さんのバイクは

f:id:Yo-SK:20170607154923j:plain

KTMの6DAYSという2stのバイク。カッコイイ・・・今回先導してもらいます。

 

f:id:Yo-SK:20170607155016j:plain

セロー225。どこでも行けるエンストしにくいすごいバイク。

乗り手さんは元トライアルライダー(シートがついてないオフ車って言ったらわかりますか?)なので、ウマイ

 

f:id:Yo-SK:20170607155349j:plain

言わずと知れたWR。やっぱりカッコイイ欲しいでも高級車。

いつもカスタムのときにはお世話になってまーす。

 

f:id:Yo-SK:20170607155438j:plain

先輩のフサベルTE250。リアショックのお漏らしから立ち直り、参戦です。走ってるの初めて見たw

 

f:id:Yo-SK:20170607155536j:plain

ぼっちさんのKTM 690 EDR(ぼっちさん風味)カッコェェェェェェ。KTM総じてカッコェェェェェェ

ってスタックベルトが危ないですw(この後直しておられました)

 

f:id:Yo-SK:20170607155650j:plain

ホンダ CRF250L 故あってLD仕様(車両価格29.8万円 新車!)

おっきいカブです。

 

ご飯を食べてガソリン入れて、出発です。

 

林道の走り方を”完全に忘れていた”

はい、一本目の林道、いきなり砂利になり、みんな「ウェーイ」といなくなる中、僕は「あぁー!滑る滑る!これどうやって走るんだっけ?えーっとえーっと、滑らせながらってコーナーまがれないーうわー」

な感じで終始混乱していたら

f:id:Yo-SK:20170607160312j:plain

あれ?

f:id:Yo-SK:20170607160342j:plainもう終わり?

 

どうやら一本目ずつは短めで休憩多めのようでした。

それにしても滑る。もしかして皆さん結構空気圧落としてる??

ぼっちさんは2ビートストッパーで0.8キロとのこと。

おおぅ、ワタシ昨日空気圧見たら1.7入ってたから1.5に落としt・・・

一同「高すぎ!」

ハイ・・・高速の燃費気にしました。。。

セローさんにゲージを借りて1.4キロに落としてもらいました。。。これでも高いらしい。

 

んで、2本目の林道へゴー

今度はさっきより細かめの砂利なので、少し戻ってきた勘を頼りに、スライドさせながらアクセル閉じないようにしてクリアしていく。

ハンドルぶれてもアクセル開けてケツで進む!コーナーの前に倒す準備しとく!

 

などなど、1つずつ課題を見つけてクリアしていくのが楽しくて仕方ありませんでした。

 

f:id:Yo-SK:20170607161206j:plain

途中の集合写真。6DAYSさんに撮ってもらいました。三脚忘れたのがイタいなぁ・・・。

 

そのあと1,2本走り、某所バス停にて休憩

f:id:Yo-SK:20170607162051j:plain

 

やっと気温も上がってきて、カッパを脱ぎます。。

f:id:Yo-SK:20170607161950j:plain

若干の距離感がw

 

お昼を食べましょう

腹が減っては林道走れぬ、ということで、結構ガッツリなソースカツ丼です。

伊那の田村食堂さん、有名っぽいです。

f:id:Yo-SK:20170607162435j:plain

御飯の量がすごいんだもの。大変美味しゅうございました。野菜がもう少し欲しかったよ

 

食べたら

走る!

 

走る!

ひた走る!

 

その間も課題を見つけて走り続けていると、だんだんわかってくる・・・。

林道を走るコツ

その1.スロットルは閉じるな。パーシャルでも良いから開け続けろ

   ビビって閉じると曲がらないし、バイクが立つから余計に曲がらないよ

   一定でも良いから開け続けて、徐々に開けてスローイン・ファーストアウト
   すれば、初心者でも怖くない!

 

その2.滑っても開けろ!

   滑るのは当たり前。滑らせてナンボ。滑るから楽しい。

   まるで舗装路みたいなコースだったね(←この日の名言。後にそれがわかった)

 

その3.無理しない!行くも引くも自分で判断

   無理すると周りに迷惑がかかる。ノってないなら無理しない。ノッてる時は

   ”ガンガンいく!!!!!!!!”

 

やー・・・・楽しい!!!走るたびにどんどん楽しくなっていくの!これはロードでは味わえない。。。オフ車、悩んでないで乗っちゃいなよ!

 

f:id:Yo-SK:20170607162623j:plain

ぼっちさん。EDRくんが小さく見えるが、決して小さいバイクじゃない。僕は両足べったり付きませんでした!!でも軽くて、サスがすごくしっとりしてて乗り心地良さそうだったなぁ~。いいなぁ~。

 

楽しい時間は早いもの

あっという間に15時ごろになってしまったので、下山しつつ牧場に寄り

f:id:Yo-SK:20170607163909j:plain

ソフトクリーム(¥400)を頂く。濃いめで美味しかったです。

あとカワセミカラビナを嫁のお土産に買いました。とりちゃんかわいい。

 

ヌルヌル下山です。

f:id:Yo-SK:20170607164215j:plain

 

道の駅蔦木宿にて休憩です。小淵沢インター近くです。ここはしょっちゅう通ります。

松本から下道で変えるのに、小淵沢or韮崎から高速に乗るのですが、ここまではほぼ渋滞なく下道で来れるのです。

 

ここでセローさん、ぼっちさんとお別れ。

ぼっちさんは夜に備えて防風パーカーを求め街へ・・・また会いましょうね。

 

で、我々は、

f:id:Yo-SK:20170607164533j:plain

大月で夕飯を食べ。

 

f:id:Yo-SK:20170607164550j:plain

 

23時に朝の集合地点に戻ってきました・・・。

 

で、家に帰ったのは、

 

23:55

 

活動限界はとうに超えておりましたとさ。

 

でもねー。本当に楽しかったのです。翌日にはもう走りたかった。

今回は先導してもらった林道だったので、気持ちの余裕もありましたし、休憩も多かったので、疲れが少なかったのも良かったです。

次回は先導できるように練習しないと!!

 

本当にオフ車買ってよかったと思えました。

 

追記:走りながら思ったこと

今回の林道を走っていて思ったのは、「猿ヶ島で練習しておいてよかった」ということ。

 

滑ってもスロットル開けること、外足でタンクを押さえること、荷重の感じ方、など。

貸してもらったレーサーでコーナーばかりのコースを走りながら、いかにスピードを殺さずに上手くコースをクリアしていくか・・・

 

この経験があったので、林道も広い猿ヶ島と変わらないんだなぁと感じることが出来ました。

それで後半戦はちょっとペースが上げられたのと、滑ってもスロットルが開けられたんだと思いました。

 

すぐ先の課題もクリアしつつ先を見ないといけないあの感じ・・・

 

オフロードはたまりませんなぁ~。

いつもの信州ツーリング + 北海道向けに再テスト

更新サボっておりました。ヨウです。

もう先月の話ですが、GWはいつもの通り嫁実家の松本に帰りました。

 

長野、子供の頃から好きで、今でも縁があり信州に行けるのは本当に有り難いことです。

 

松本に行けばビーナスラインが走れる、霧ヶ峰が走れる、渋滞なく走れる、という意味でもやっぱり信州は最高です。都会のGWは、、、電車以外で移動する気なくなります。。。

 

さてさて、たった2泊なのでリュック一つで行けるわけですが、今年も北海道に行くので、CBR箱仕様のテストを兼ねて、ホムセンRacing仕様に換装です。

 

まずリアシートを取り、タンデムベルトを止めるボルトと、カウルを止めているボルトを外し、テールの裏からボルト日本を抜きます。

↓こんな感じ

f:id:Yo-SK:20170605154351j:plain

 

んで、6箇所にボスを立てます(円柱の某のことです。金型用語かな?)

長さは手前シート側から、10mm、15mm、20mmです。

ボスの手前と真ん中には6mmのワッシャーを貼り付けて、底面積を稼いでいます。

f:id:Yo-SK:20170605154354j:plain

 

ボルトは手前だけ5mm、後ろは6mm、長さは30mm、35mm、40mmです。

f:id:Yo-SK:20170605155722j:plain

 

後は位置を合わせて板に穴を開けて止めるだけ~(やり方知りたい方はメッセージorコメントください)

f:id:Yo-SK:20170605155901j:plain

ボルト止めなので、土台が滑ることは皆無です。板の厚さは5mm+5mm。目地を90度回転させて接着しているので、かなり硬いですが、箱をバンドで縛ると多少しなります。

しなることで割れずに力を逃しています。

ちなみにこの板の大きさで30Lまでのホムセン箱が乗ります。

手前にL字金具を付けているのでブレーキかけた時に箱が前にずれることは皆無です。

f:id:Yo-SK:20170605154358j:plain

あしか興業所属です。

MOTONAVIcafeはZ1000に乗ってた頃に全部回ってコンプリートして、抽選でもらえるTシャツとコーヒー豆もらいました。ナツカシス

 

 

で、某所からブーンして諏訪湖SA

f:id:Yo-SK:20170605154400j:plain

隣よめっち

その隣のR1カッコェェェェェ

うちのツアラーとは違うSSらしいSSです。

 

 

で、実家について信玄餅ウマー

f:id:Yo-SK:20170605154407j:plain

 

翌日↓

f:id:Yo-SK:20170605154414j:plain

いつもの美ヶ原高原美術館でジャパリパーカースタイル

革パン履き忘れてジーパンスタイルです(SSはジーパンで乗るもんじゃないよ!熱いよ!)

f:id:Yo-SK:20170605154419j:plain

ソフトクリームウマ

 

f:id:Yo-SK:20170605154435j:plain

 

からの展望台。天気が良くて暑いのなんの・・・

霧ヶ峰まで降りたら涼しいだろうと思って、先を急ぐと

 

f:id:Yo-SK:20170605154449j:plain

日陰でも美ヶ原よりあっついの・・・

 

標高高いからポテチもパンパンです。

f:id:Yo-SK:20170605154454j:plain

パンパン

f:id:Yo-SK:20170605154457j:plain

 

うし

 

f:id:Yo-SK:20170605154504j:plain

 

 

f:id:Yo-SK:20170605154508j:plain

 

顔自重wwwww

 

 

f:id:Yo-SK:20170605154515j:plain

イキリスタイルです。

久々のX-12にミラーシールドスタイルです(全てブログのために・・・)

 

しかし予想以上にあっついので、ここから再度ビーナスを昇り、松本まで帰りーの

 

クルマに乗り換えてテンホウ(信州のラーメンチェーン、餃子がマジ旨い)で餃子定食を食す。

 

 10時に家を出てもビーナスラインを満喫して帰宅でき、昼食べてビールも飲める信州は最高すぎる。

そして乾燥してるので暑くてもジメジメしない

 

早くこっちに家買いたいぞ。

 

 

で、帰りは韮崎まで下道で走り、途中山梨は暑いし混むので八代笛木のみ高速に乗り、そこから河口湖山中湖道志経由で峠を満喫しながら帰宅です。

 

f:id:Yo-SK:20170605154521j:plain

デリシアは長野県民の命の源。

ここのミックスナッツが298円でマジウマー

 

というGW中盤戦でした。

レーサーというマジなオフ車に乗ってみた感想 (追記アリ)

タイトルのとおりです。デビュー早すぎですやん。

 

GWの前半、僕をオフ沼に引きずりこんだ友達とタッケさん(id:bike-camera)と一緒に猿ヶ島のコースデビューをしてきました。

 

レーサー・・・すか

さてさて、猿ヶ島に集合でしたが、友人まさかのトランポでご来場。

85ccの2stと125ccの4stのレーサー2台体制で来てもらえるとは。。。

 てっきりKTMかハスクかと思っていたらまさかのナンバーなし。

陣を張る

集合は朝7時。集まったあとはコースまでトランポとCRF250L×2台、そして

リトルカブ自転車カゴ仕様で行きますw

そうです、うちにオフ車は1台しかございません。なので、今回は究極のマルチパーパスであるカブ美ちゃんに参上してもらいました。

 カブ美ちゃんカゴ仕様にはオフブーツやサンダル、ドリンクの入ったリュックが入れられるのでとても便利です。米も買えるしね~。75ccなので二段階右折もいらないステキ仕様です。

f:id:Yo-SK:20170515185922j:plain

カブ美ちゃんの勇姿。砂利道を走る度にFサスが「ヒコヒコ」言いますw

 

レーサー乗っちゃうよ

で、早速レーサーに乗ってみる。まずDR-Z125L

f:id:Yo-SK:20170515190309j:plain

写真は参考で。

ちょいと広いコースで走ってみる。

f:id:Yo-SK:20170515190143j:plain

わほーい

f:id:Yo-SK:20170515190623j:plain

ゆるいオーバルコースが楽しいです

f:id:Yo-SK:20170515190645j:plain

シッティングスタイルからのカメラ目線自重w

f:id:Yo-SK:20170515190719j:plain

スピード感がございません。

f:id:Yo-SK:20170515190751j:plain

ぷいーんと行ってしまう

僕じゃないです、嫁ですw自分がこっちのコースを走っている写真はなかった~。

 

小さいからって馬鹿にすんなよ!

たかが125ccの4st、どうってことないっしょ。と思っていたら大間違い。

コースが小さい上に起伏が激しい。フープス、オーバルコーナーからちょっと石ゾーン、そしてストレートと砂コーナーという変化の激しいコースの中でこいつを乗りこなすのは一発では不可能でした。

まず、コーナーは滑る。でもビビってアクセルを閉じると全然曲がらない。むしろバイクが立つ。

オンロードの常識が全く通じない。

コーナーで多少滑っても、出口を見てアクセルを開ける!

開けすぎると滑りすぎてコワイ!でも開けないと進まない!

っつー半ば根性論で初めのうちは乗っていましたが、徐々に慣れてくると

「次のコーナーは外側からアプローチ」とか

「先に轍があるからこのままのルートじゃハマる」とか

「出口と次のコーナーに備えて体ズラせるようにしないと」とか・・・

気づけば先のことを考えて走っている自分がいました。

 

これはもう楽しいしかない!

f:id:Yo-SK:20170515193850j:plain

先を見る

 

f:id:Yo-SK:20170515193858j:plain先を考える

f:id:Yo-SK:20170515193956j:plain

頭がだんだん自然にかんがえるようになります。

 

f:id:Yo-SK:20170516125106j:plain

だんだんリーンアウトが普通に出来るようなり

f:id:Yo-SK:20170516125122j:plain

オーバルコーナーでバンクするようになり。

f:id:Yo-SK:20170516125150j:plain

多少滑っても開ける!!!!!!

ができるようになり。

楽しくてたまらんです。

タッケさん奮闘

次はタッケさん、

f:id:Yo-SK:20170515194756j:plain

気合が入っております。

f:id:Yo-SK:20170515195113j:plain

真剣な眼差し。ミラーレンズじゃないので見せられないのが残念。 

f:id:Yo-SK:20170516125353j:plain

ちゃんと視線が先に行っています。

 

CRFでも行っちゃう

f:id:Yo-SK:20170516125424j:plain

狭いコースだからフルサイズは大変です

f:id:Yo-SK:20170516125429j:plain

 僕は行く気になれなかったよ・・・

 

このあとCR-85にも乗ったのですが、写真がなかったぁ・・・。

小さいのに2stなもんでパワーがすごい。そして軽い。

こいつを振り回すのは大変でした。 

 f:id:Yo-SK:20170516124033j:plain

でも楽しかったよ。

 

f:id:Yo-SK:20170516124958j:plain

かっこよく取れた友達。決まってます。スピード感があります。

 

練習終了→BBQ~

9時頃になると、本気のキッズやバスを改造したトランポでフルサイズ2台積んできたお父さんたちが来たので、撤収です。同じレベルで走れるわけなし!

f:id:Yo-SK:20170516125546j:plain

 このトランポには7歳のキッズ(走るとはえぇぇぇぇぇぇ)がレーサー2台積んできてました。かわいいしカッコイイしズルイ。彼と同じHJCのヘルメット欲しくなってしまった。

 

さらにCRF250Lとラリーの方が来て

f:id:Yo-SK:20170516125641j:plain

こうなりました。カブ美・・・。

 

 

撤収して友達宅にて

f:id:Yo-SK:20170516125731j:plain

これを

f:id:Yo-SK:20170516125739j:plain

こうして

f:id:Yo-SK:20170516125748j:plain

荒ぶるタッケ氏

f:id:Yo-SK:20170516125800j:plain

火起こして先に暑くなったので、頂きました(ノンアルなのにうまいー)

 

f:id:Yo-SK:20170516125839j:plain

友達の奥さんが味付けしてくれたチキンがうまいのなんのって

 

f:id:Yo-SK:20170516130052j:plain

ハンバーグも作ってもらっちゃって・・・ウマー!

 

f:id:Yo-SK:20170516130111j:plain

 

ウインナーを焼く職人タッケ氏

 

5人でまったり美味しく頂きました。

 

タッケさん、家も近いから遊べるね~なんて話をしてたら

 

まさかの中学の後輩wwwwww 

パン買ってこいや

 

世の中狭いですなぁ~。

 

という話でした。

オフ車は楽しいしレーサーも楽しい!外で遊ぶの楽しいぞ!

 

追記:

CRくんに乗っている写真ありました(汗)

f:id:Yo-SK:20170516192237j:plain

車体が大きく見えます。

f:id:Yo-SK:20170516192318j:plain

後ろからは逆に小さく・・・サーカスのクマ感がすごいw

4月の終わりにオフ練習をしたよ。

タイトルのとおりです。CRF250Lにて河原練習と林道オフ広場練習をしてきました。

f:id:Yo-SK:20170509155723p:plain

ご査収ください。

 

さて、今回お誘いしたのは、旧知の仲、はまさん、そしてTwitterで知り合い、同じバイク屋さんで買ってたことに気づいたタッケさん(id:bike-camera)のお二人です。

 

タッケさんと合流

最初の目的地は猿ヶ島のオフコース

オンロードしか乗っていなかったのでいつも見るだけだったあそこに行くのか・・・。

という思いを胸に集合場所に時間ギリギリに到着・・

実は、舞い上がってメルメットを忘れて一度家に戻りました。。。こういう時場所が別は本当にめんどくさいよ!ガレージほしいよ!

f:id:Yo-SK:20170509153055j:plain

無事合流しました。一応、同じバイクです。

想像していた通り、わ、若い・・・(この時はまだ知る由もない縁が)

始まりの町で散財した装備を見せてもらい、出発ですリアットくれないかな?

bike-camera.hatenablog.jp

bike-camera.hatenablog.jp

 

ぬるっと走って即猿ヶ島到着です。ここではま氏と合流。

f:id:Yo-SK:20170509153312j:plain

アフリカツインもでかいけど、はまさんもでかい。

オフメットとブーツを導入して、これではまさんもガレ場フレンズだね!!

 

全員猿ヶ島初めて

というわけで走ってみたのですが、、、わ、わかんねぇw

全員初めてなので、適当に走って適当に楽しむw

で、はまさんが「ここは行ってみましょう!」と広い水たまりに

ジュッ!!

アフリカツインはアンダーマフラーのため、水に浸かるとエキパイさんがお水さんを蒸発させるんだね!!

 

うん、

広い水たまりじゃなくて、

大きい沼だったんだねwww

 

全員ブーツ浸水しました。

 

 

ここからは写真少ないっす。。。アクションカメラの重要性を思い知らされますね。

 

水辺を超えて、フラットダートを走ったり、石ころを走ったり・・・

そんで最終的に

 

河原は素人が走る場所じゃねぇ

f:id:Yo-SK:20170509154907j:plain

大きい石だらけの河原側に出ました。

ここ、すんごい走りにくい!!!ナニコレ!!石でか!動く!まっすぐ進まない!!


JNCCとかWEXはこれのもっと大きくて動く石(岩?)があるのかな・・・。

 

アフリカツインは途中スタック、重量あるしパワーもあるから後輪がどんどん埋まっていく。スタンド無しで立っちゃう。3人で頑張って脱出!こういうのはオフ車の魅力ですね(変態です)

 

f:id:Yo-SK:20170509155830j:plain

ヨウ車LD仕様にまたがるタッケ氏。私のCRFは故あってLD仕様です。

早々に脱出

河原はイカン!ということで早々に脱出し、フラットダートや草ゾーンを走り、最初の場所まで戻ってきました。

f:id:Yo-SK:20170509155249j:plain

石の上にカメラを置いて記念撮影!ミラーレンズが欲しいよ!

 

撤収後、近くのコンビニでブーツを乾かすはまさんとタッケさん。

すごかったんだってばよ!

f:id:Yo-SK:20170509153952j:plain

 

 そんなこんなで午前の部が終了です。

 

で、午後はタッケさんと道志へ向かい、オフ広場で練習しましょ!ということに。

 

道志までの道のりは結構渋滞していたので、ちょっと抜け道を使って道志まで到着。

んで、オフ広場

貸し切りオフ広場

f:id:Yo-SK:20170509160022j:plain

タッケさん、頑張ってます。

始めて走ると結構ドキドキします。高低差があるし、ちょっとフカフカしてるところもあったりと小さいのに表情豊かなコースです。

 

f:id:Yo-SK:20170509160406j:plain

僕は2回目だったので、なんとなく感覚で行けました。

f:id:Yo-SK:20170509160448j:plain

前回は2日前の雨のせいで路面がかなり柔らかく、ブレーキなんて使おうものなら土ごと滑り落ちていきましたが、今回は問題なし!

たーのしー!!

 

タッケさん初アタック

タッケさんもアタックです。

f:id:Yo-SK:20170509160609j:plain

右のコースを攻めるため、勢いをつけて!!

中腹でちょっと、あ

 

 

あぁーー!!

 

f:id:Yo-SK:20170509160657j:plain

タッケさーーーーんっ!!!!!

 

でも大丈夫、怪我もなく、マシンにダメージもありません。ここは両サイドがかなり柔らかい土なので、コケてもダメージなくて練習できます。

 

f:id:Yo-SK:20170509161233j:plain

再度挑んでいくタッケさん

f:id:Yo-SK:20170509161328j:plain

クリアー!

このあと何度か右回り、左回り、ギアの選択なんかを練習しました。

f:id:Yo-SK:20170509161402j:plain

フロント荷重から

f:id:Yo-SK:20170509161428j:plain

リア荷重になってるのがよく分かる写真。タッケさんありがとう!

 

お腹が空いたよ!

一通り満喫して、オフ広場を後にします。ここから先は素人だけで行っちゃいけないゾーンだ。

 

オフ練の後はお腹が空きます。

 

f:id:Yo-SK:20170509161511j:plain

閉店ギリギリにホロホロに到着。カニクリームコロッケウマー。

食べたら撤収ー!

 

で、いつものブンイレに到着。

f:id:Yo-SK:20170509161710j:plain

ここではまさんwith はまさん彼女さんと合流。

なんやかんやでバイク漬けの1日でした。

 

 

f:id:Yo-SK:20170509161838j:plain

で、帰還

f:id:Yo-SK:20170509161917j:plain

浸水したブーツをキレイキレイして終了。樹脂部分をブラシで磨いて、革部分は雑巾で拭き取ります。乾いたらクリームを塗るのさ!

 

今回もたのしかった!!

 

オフ広場、オフ練習希望の方はお申し付けくださいまし~。