オンでもオフでもバイクする!

CBR(SC59)とCRF(MD38)乗りのオンオフブログ

CBR(SC59)2009年式にホムセン箱をつけるんです 2

はいどうも。ヨウです。あっついですな・・・・。

予告通りホムセン箱製作編をお届けします。結構さらっと書きますよ。

ベースプレート編はこちら

 

 

on80off10work10.hateblo.jp

 

 

では続きを。

必要な道具を揃えよう

絶対に必要なものは↓の通り

ホムセン箱(好きなデザイン)

アイボルト(あとで解説入れます)

ワッシャー

スプリングワッシャー

ナット

締め上げるベルト

電動ドリルとドリルの刃

クレ5-56などの潤滑油

ポンチ(あな開けるところに印付けるアレ)

 

モンキーレンチorメガネレンチorラチェット+ソケット

ロックタイト(ネジ弛み防止剤)

バスコーク(お風呂の目地を埋めるアレ)

 

最低限のホムセン箱を作るだけなら、ここまででOKですが、僕のオススメとしては、

 

ネットをかけるフックベース

小さいダイアル

蓋の上に貼る滑り止め

があるといいです。

 

では作っていきましょう。

箱本体の加工

f:id:Yo-SK:20170711112206j:plain

工具はこんな感じ。

f:id:Yo-SK:20170711113023j:plain

アイボルトとフックベース

 

で、アイボルトですが、普通は目(丸のところね)に対して垂直に引っ張ったときの耐荷重が書いてあります。

目に対して水平に使うのは規格外の作り方なので、自己責任ですよ。

アイボルトが嫌な場合は、右のフックベースとして使うものの大きいものを付けることも出来ます。これ高いのでそれなりの出費は覚悟してくださいな。

 

材料も揃ったのでホムセン箱の加工です。

f:id:Yo-SK:20170711113309j:plain

f:id:Yo-SK:20170711113323j:plain

開けたいところに印を付けて~

f:id:Yo-SK:20170711113412j:plain

ポンチをガン!と(ZOZOTOWNは関係ありません)

f:id:Yo-SK:20170711113519j:plain

ドリリング!!で、バリを取りましょう。

※ドリル使う時は刃先に潤滑油を付けましょう。そうしないと刃がすぐ傷むよ!

 

f:id:Yo-SK:20170711113550j:plain

したら穴の周辺をバスコークで埋めます。防水のためね!

f:id:Yo-SK:20170711113634j:plain

こんな感じ。

f:id:Yo-SK:20170711113701j:plain

アイボルトにワッシャーを入れて、穴に通します。バスコークがはみ出てくるので、乾く前に拭き取ってくださいな。

裏面からワッシャー、スプリングワッシャー、ナットの順で通して、締め上げます。内側にもバスコークが出てくるので拭き取るのを忘れずに(忘れた人は手が黒くなるよw)

 

アイボルトの向きは、

f:id:Yo-SK:20170711113828j:plain

縦が良いです。バンドでしばきあげるのに横だと滑って止まりませんぜ。

 

蓋の加工

一個目のホムセン箱には蓋にフックベースを付けませんでした。このせいで上に積んだ荷物を降ろさないと蓋が開けられなかったのです。

雨降ってるとこれが面倒でならなかったので、今年は付けます、フックベース!

f:id:Yo-SK:20170711114114j:plain

蓋の裏面にはリブ(板みたいな壁のこと)が沢山立っているので、ボルト・ナットで止めた時に当たらないように予測しておきましょう。

f:id:Yo-SK:20170711114235j:plain

任意の位置にドリリング!!

 

f:id:Yo-SK:20170711114310j:plain

!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

リブに当たらないように予想しましょうね(無事死亡)

ちょっとカットして止めました。。。

 

f:id:Yo-SK:20170711114414j:plain

自分の背中に当たる面は、このように蓋の上じゃなく、手前側に付けます。

後ろ側は箱のロックが来るので個々には止められないのさ。

蓋の上の加工

蓋の上には滑り止めシートを貼ると、荷物が動かないので良いですよ。100円ショップで買うと安いです。

f:id:Yo-SK:20170711114438j:plain

先程のフックベースの他に2つの小さいアイボルトも付けています。ネットやストレッチマットは6点で止めればしっかり荷物をホールドしてくれます。

蓋開けたらばーん!!を防ぎましょう

その名の通り、荷物を取り付けた蓋をあけると、蓋のフックが外れてバーン!!となります。

悲しくなる前に予防しましょう。

材料は

紐(ネックストラップなどに使われいるものが簡単に手に入ります)

ボルト・ナット

で、いきなり完成写真

f:id:Yo-SK:20170711114850j:plain

こんな感じで紐を引っ張って取り付けます。蓋が開ききる手前で止まるようにしましょう。いっぱいいっぱいまで開くようにすると、紐がもちません。

紐を固定する位置はインスピレーションです。なんとなくこの辺ならばーん!ならなそうだなってところでいんじゃね?

これで機能面では完成です。

ホムセン箱にはステッカーでしょ!

ステッカー貼るまでがホムセン箱カスタムです。

ステッカー、それは自分を表すアイデンティティ・・・

ステッカー貼り、それは自分のセンスの無さを露呈させるアイテム。

 

以下が僕のホムセン箱です。

f:id:Yo-SK:20170711115004j:plain

 

センスねぇ・・・・。

開いているところは現地調達して貼ります。

気に入っているのは「SSだってまったり走りたい」ステッカー。カブ乗りの方に作ってもらいました。

蓋のロックにはイエローの反射テープを貼っています。安全第一だよ!

 

こんな感じでホムセン箱、完成です。

 

取り付けると

f:id:Yo-SK:20170711115616j:plain

こんな感じです。

バンドはリアステップの穴と、フェンダーステーに取り付けています。

この写真は完成前の試走のときです。

完成品を積んだ写真は、、、現地からアップできるかな(ΦωΦ)v

 

で、いくらで作ったのよ?

みんなが気になる制作費ですが、

ベースプレート:廃材

ホムセン箱:1,480円

フックやアイボルト等の取付金具たち:3,000円弱

しばきあげバンド:398円

というわけで、約5,000円です。

箱より金具のほうが高いのよw

一番高かった金具は、デイトナ製のカラー15mm(400円)です。

 

それでも5,000円です。浮いたお金は50,000円

 

・・・じゃないんですわ。

実は2個作ってるんです。もう一台のために(ΦωΦ)

なので実質70,000くらい浮いています(ΦωΦ)

フェリー代になるね(ΦωΦ)v

 

さぁ、楽しくてダサかっこいいホムセン箱作り、みんなもレッツトライ!!

 

(本当に物作りはたのしいです!)